<活動予定 愛知>

===== 愛知の予定 =====


日時:11月26日(土) 17:00~19:30(夜間の部)
日時:00月00日(〇) 19:30~20:00(自主練集)

日時:※ 受付、片付けの時間を含みます

日時:※ 自主練集は先の講座に参加された方に限ります

日時:※ 武学研究会では、全くの初心者でも学習できるよう稽古体系は組まれており、武道・ 武術
日時:※ 経験のない方、体力に自信のない方でもできるよう講習は進めて参ります

会場:日進市生涯学習プラザ 2階 学習室1・2
〇〇:052-807-8807


会場:会場は借りているだけですので直接の問い合わせはご遠慮ください

会費:1コマ 6000円
会費:※ 講師交通費込み
会費:※ 別途、会場費を参加者で均等に負担お願いします(500円点度)

定員:10名程度

持物:動きやすい服装

持物:練習用の武術の道具(お持ちの方)
持物:※ 武具は若干ですが貸し出し用もございます

申込:愛知・武学研究会

申込:申込先:jun-kawai-1016アットhotmail.co.jp(@に変更してください)
申込:申込の際は件名を「11月26日 兵法武学研究会、参加希望」としてお申込み下さい
申込:1.氏名
申込:2.住所(参加経験のある方は省略してください) 
申込:3.メールアドレス
申込:4.電話番号(参加経験のある方は省略してください)

備考:身体に無理がかかるような激しい運動は行いませんが、動きやすい格好でお越しください
備考:胴着、ユニフォーム等は必要ありません
備考:講義も有りますのでメモ書きをされる方は筆記用具等を御持ちください

【講師による講習会内容の紹介】

この度の愛知での兵法武学研究会では私が長年研究してきた東南アジア武術に焦点を当てて行く兵法武学研究会になります!
シラット、カリなどの東南アジア武術には東南アジアの様々な武器術へ転換できる素手の技術から入り、伝統的な稽古法から、現代の格闘技や護身術への応用までをも可能とする技術体系があります。
東南アジア武術はインドネシア、マレーシア、フィリピン、カンボジア、ラオス、タイ、ベトナム、ミャンマーなど東南アジア各地に伝承があり地域によって内容は異なりますが、インドネシアのシラットは突き蹴りや関節技、武器術と対武器術の技、瞬間的なテイクダウンなどが特徴の元来は非競技的な武術です。
今回はこのシラットの技法を中心に皆に紹介できればと考えております。

今回の内容は


・古今東西南北を問わず武術に必要な身体性

・日本武術から見た東南アジア武術の身体性
・インドネシア武術/シラットの基礎研究の紹介
・フィリピン武術の基本的な練習方法
・道具と素手の技術の関係を知る稽古。素手と道具の稽古における共通点と違い
・一人稽古と二人で行う稽古の関係性。二人稽古のポイントと一人練習のポイントを解説します
・日本の柔術、拳法、体術/剣術、居合とシラットの技法の関係性。類似性と相違点について

皆様の参加お待ちしております。お楽しみに!!


兵法武学研究会 光岡英稔