<活動予定 東京>


== 武学SP-グループ・プライベート・クラス in 東京 ==

1月14日(土)  『天狗 - 武術における天狗の身体観を獲得して行く会』 残席1

開催日時:
 1月14日(日)
 13:30~19:30
 19:30~20:30(自主練習・自由参加)

開催場所:東京、西巣鴨近辺(申し込まれた参加者には開催場所を連絡いたします)

定員 10名 

開催形式:SPグループ・プライベート・クラス

参加資格:兵法武学研究会に1回以上の参加をしていること

参加費:30000円

※ 受講費は封筒に入れ名前、日付、参加したコマ、金額をお書きの上でクラスの前に光岡先生にお渡しください

申込:武学お盆SP 申込フォーム より受け付けます

※ 1月14日(土)に開催の武学SP グループ・プライベート・クラスの申込みに関して、定員も少ないことから、申し込まれて12月31日(土)以降にキャンセルされた場合にはキャンセル料とし参加費が全額発生するようになります。12月30日(金)までにキャンセルしていただけましたら、キャンセル料は掛かりません。ただし、12月30日(金)の翌日12月31日(土)を含む期日以降に申込みをキャンセルされた場合には特別な理由がない限りは全額キャンセル料金が発生します。

もし何らかの急な事情で直前で参加できなくなりキャンセルされた方でキャンセル料免除を希望される場合には直接キャンセルの理由を光岡までご相談の上、お申し出ください。

【講師からのメッセージと簡単な稽古内容の紹介】

この度 1月14日(土)は、東京で第二回目となる「武学スペシャル:天狗-武術における天狗の身体観を獲得して行く会」の開催となります。

11月に東京で初公開であった稽古方法は、本当にぶっ飛んでいた、いや、皆がぶっ飛んだし、自分が飛んだり、あと皆も互いに飛んだり、飛ばなかったり「様々な天狗」と「天狗の源流」を体験、体観、経験しまて行く講習稽古会となりました。

第二回目も前回に引き続き、主な流れとしては、まず最初は私の「光岡武学のとんでも天狗研究」の内実の紹介から入って行き、次に前半は「天狗」を身体で理解できるようなるための基礎稽古と基本稽古、観法を中心に幾つかの「天狗SP-稽古方法」を幾つか行います。これは私の「とんでも天狗研究」と直接関係する観法、導観法があるので、まずはここから入って行きます。その後に行法、動法、技法へと入って行く予定です。

そこから対人の試し稽古の実技では、天狗の羽のはやし方、動き方、用い方などに焦点を当てて行きながら、羽が広がると浮き過ぎるので、羽を少し纏めたり下げたり、羽を畳んだりしながら天狗の身体観と武術の技法の関係性を知って行きます。

更には天狗の足を出して行く稽古を行います。

ただし、天狗の足を出し過ぎると、実体との乖離が過ぎて足が置いてけぼりになるので、そこの「自身の実体」」と「天狗の身体」とのズレとバランスを上手く扱うためにも顔の輪郭を上手く捉えないと纏まらないので、それをしながら、そこを天狗の足の経験と共に捉えて行きます。

少し難しい「天狗」の身体観が上手く獲得された時には旋風が通り抜けるように形から動きが生じ、次の形へと収まる現象などもあります。

上手く順を追って足から羽や顔の輪郭まで連なると“風”が吹き抜けます。ただ、この順の前に武学の剣術の基礎や導観法から観えて来る身体観などがあると収まりやすくなる。

この度、間違いなく兵法武学研究会SPにおける「天狗」の研究の展開から更に深化し、発展した内容になりますので、とにかく皆様、お楽しみに!!

講師 光岡 英稔